障害者の一人暮らしをサポートします

『障害があっても地域で当たり前の生活をサポートします』

ここは全国を対象に障害者の一人暮らしの支援を行うCILの連絡協議会です。現在では主に身体障害(肢体不自由)のある方の一人暮らしのサポートをしています。
1970年代に「障害があったっていい」「自分が出来なければ、誰か違う人にやってもらえばいい」という思想が障害者運動の中に生まれました。これまで障害者のことは、いわゆる専門家と呼ばれる人々によって決められてきました。その中には、決して障害者が望んでいない「障害を治すこと」や「施設生活」など多くのことがありました。そして、我慢を強いられてきました。このような状況に「NO」「いやだ」と主張し、地域生活する障害者のこころみが始まり、30年が経ちます。しかし、障害者が地域生活をすることは、今日この日においても、決して簡単なことではありません。介助のこと、教育のこと、仕事のこと、交通のこと、性のこと、住宅のこと、全てが重大な問題です。しかし、さまざまな問題が山のようにある地域の中ででも家族や仲間、愛しい人と一緒にいること、ときに大笑いし、ときに大喧嘩し、悲しみ、大騒ぎをし、大迷惑をかけながら生活することを、喜びとし、幸せとし、この営みをやめるわけにはいきません。そして、誰にもこの営みを阻むこと、禁止することはできません。

全国のCIL(自立生活センター)においても、多くの人の介助を得ながら、自分の住みたいところ、家族や仲間のいるところで生活を営む障害者がいます。その支援者がいます。そしてこれから、その様な生活を望む障害者がいて、そんな地域が居心地がいいと感じる人々がいます。

私たちの活動は、そんな人々と全国の、世界の、CILと一緒になって、障害者の主体をはじまりとし、自立生活センターの理念である「自分たちのことは自分たちできめる。自分たちのことは自分たちが一番よく知っている」を合い言葉に、街のあちこちで車椅子・乳母車・自転車・盲導犬、さまざまな足音が混じり合い、さまざまな人々が行き交うことが当たり前の、偏見もなく、障害のあるなしに関わりなく生活することのできる、誰にとっても心地の良い優しい社会の創造を目指していきます。

支援活動

大きな段差もこれで解決

  27歳筋ジストロフィーの男性です。僕の住んでいる家の玄関には大きな段差があります。(下記写真) このままの状態では外に出るのに毎回大変な思いをすることになります。 それを無くすために僕の家では、あるスロープ …

『セッション会+(プラス)』を行いました

自立生活センター・エコーでは、毎月2回、ピア・カウンセリング(以下、ピアカン)の「セッション会」を行ってきましたが、1回の長さは2回とも1時間だけでした。しかし、この度、新しい試みとして、2回のうち1回は、時間を少し長く …

浅草三社祭に行きました

浅草で三社祭があったので行きました   すごい人で身動きがとれませんでしたがお祭りの熱気がすごかったです   浅草寺は正面が階段なのですが、なんと左側にエレベーターがありました    この日は30度あって、ものすごく暑か …

バスで外出

青森市の公共交通機関の柱の1つのバス!市営バス!(障害者は無料!・障害等級1級の方は市営バスから同乗者も無料の判をもらっていれば介助者1名まで無料!) そこでCIL青森でもなるべく青森市営バスに乗るようにしています。 今 …

自立生活プログラム、フィールドトリップです^^

6/18 今日は高知駅より土佐久礼駅に向け、大正市場まで行きました 自立生活プログラムも終盤、一世一代の遠方への外出です ところが、 僕の急な車の故障により少し遅れることに(^^: にもかかわらず、予定変更時の電車の確認 …

電車に乗ってヘアサロンにてイメージチェンジ☆

友人がヘアクリエイティブディレクターを務める港区にあるヘアサロンに行って参りました。 私鉄と地下鉄を乗り継ぎ一時間半かけて、毎回通っております。 私鉄の場合ですと、乗車・降車の際は駅員に段差解消のためスロープを出してもら …

車イスでの航空券予約方法

車イス利用者が航空券を予約するときってどうしたらいいんだろう。と思ったことありませんか? 車イス利用での航空券予約方法お伝えします 今回は東京から高知県への1泊2日の旅の予約をしました 航空会社大手はANAとJALですが …

第23期長期自立生活プログラム 開始!!

こんにちは! とうとうCIL小平で、5月11日(木)から、長期自立生活プログラムが始まりました。 期間は、2017年5月11日(木)~7月20日(木)   長い講座となりますが、これから自立生活を考えている方に …

二度目の生活用具交付を受けました

視覚障がい者の為の生活用具の中に、パソコンの音声読み上げ機能ソフトがあります。 一度交付を受けてしまいますと二度目は実費となってしまいます。 ですが以前のソフトでは最近流通しているパソコンには対応できないのでこのような活 …

自立生活プログラム長期講座スタート!

2017年度自立生活プログラム長期講座がスタートしました! 7月まで全10回の長丁場ですが、受講生みんなと楽しい講座にしていければと思います。    

最新制度

介護制度情報 2016年1~7月 その2

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 入院中の外出や外泊時に、重度訪問介護や同行援護が利用可能という国の通知が出る。 筋ジス病院等の療養 …

介護制度情報 2016年1~7月 その1

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 24時間介護保障は46都道府県に拡大。空白県はあと1県のみに このたび、愛媛県西部の小規模な自治体 …

障害者向け生活保護の2017年度解説

全国の生活保護の2017年度解説 http://www.kaigoseido.net/seiho/17/17kaisetu.pdf 他人介護料や住宅扶助の特別基準なども掲載。 1人ぐらしをする全身性障害者の多くは生活保護 …

仙台市在住の進行性筋ジストロフィーの男性が、24時間の介護保障を勝ち取るために仙台市と交渉し実現

仙台市在住の進行性筋ジストロフィーの男性が、24時間の介護保障を勝ち取るために仙台市と交渉し実現しました。その内容が読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」の記事になっています。以下のリンクをご覧ください。 「自分の命綱を握 …

24時間重度訪問介護を使った生活(人工呼吸器利用者の事例)

日本では1990年頃から脳性麻痺・筋ジス・頸損などの人たちの取り組みから始まった、 24時間ヘルパー制度利用での生活ですが、この流れは、今では、その他の障害者や難病患者にも広がっています。 最重度の身体障害であるALSの …

入院中でも外出ヘルパー利用が利用できるようになりました(全国で)

長期入院中の障害者に朗報です。 入院中でも外出介護のヘルパーが使えるようになりました。 厚労省障害福祉課訪問サービス係によると全国各地の筋ジス病棟入院者も対象です。療養介護との併給が可能になりました。 入院前の市町村の障 …

PAGETOP
Copyright © 障害者一人暮らし支援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.