障害者の一人暮らしをサポートします

『誰にとっても心地の良い優しい社会へ』

ここは全国を対象に障害者の一人暮らしのサポートを行う支援会です。現在では主に身体障害(肢体不自由)のある方の一人暮らしのサポートを自立生活センターが中心になって行っています。
1970年代に「障害があったっていい」「自分が出来なければ、誰か違う人にやってもらえばいい」という思想が障害者運動の中に生まれました。これまで障害者のことは、いわゆる専門家と呼ばれる人々によって決められてきました。その中には、決して障害者が望んでいない「障害を治すこと」や「施設生活」など多くのことがありました。そして、我慢を強いられてきました。このような状況に「NO」「いやだ」と主張し、地域生活する障害者のこころみが始まり、30年が経ちます。しかし、障害者が地域生活をすることは、今日この日においても、決して簡単なことではありません。介助のこと、教育のこと、仕事のこと、交通のこと、性のこと、住宅のこと、全てが重大な問題です。しかし、さまざまな問題が山のようにある地域の中ででも家族や仲間、愛しい人と一緒にいること、ときに大笑いし、ときに大喧嘩し、悲しみ、大騒ぎをし、大迷惑をかけながら生活することを、喜びとし、幸せとし、この営みをやめるわけにはいきません。そして、誰にもこの営みを阻むこと、禁止することはできません。
全国のCIL(自立生活センター)においても、多くの人の介助を得ながら、自分の住みたいところ、家族や仲間のいるところで生活を営む障害者がいます。その支援者がいます。そしてこれから、その様な生活を望む障害者がいて、そんな地域が居心地がいいと感じる人々がいます。
私たちの活動は、そんな人々と全国の、世界の、CILと一緒になって、障害者の主体をはじまりとし、自立生活センターの理念である「自分たちのことは自分たちできめる。自分たちのことは自分たちが一番よく知っている」を合い言葉に、街のあちこちで車椅子・乳母車・自転車・盲導犬、さまざまな足音が混じり合い、さまざまな人々が行き交うことが当たり前の、偏見もなく、障害のあるなしに関わりなく生活することのできる、誰にとっても心地の良い優しい社会の創造を目指していきます。


『あなたの一人暮らしサポートします』

障害があると、一人暮らしなんてできないと思ってしまいがちです。特に障害が重度な方は、親が介護できるうちは親と暮らし、親亡き後は施設に入るしかない、と思い込んでいる方が多いのではないでしょうか。しかし、どんなに重度な障害があっても一人暮らしは可能です。それは毎日、24時間、365日常に介助が必要な方であってもです。さらには全国どこにいてもです。
一人暮らし出来る人は障害が軽いから…、お金があるから…、施設に入っていないからできるんだ…。逆に自分は親も反対しているし、働いてもいないから一人暮らしはできない…。そう思ってはいませんか?しかしそれは関係ありません。働いていなくても手当等の制度を活用すれば可能なのです。地域で一人暮らしがしたい!という気持ちが重要です。ここではその気持ちを一番に大切にし、サポートしていきたいと考えています。
費用は、民間のアパート等をバリアフリー化した一人暮らしが短期間体験できる宿泊施設の利用料、一人暮らし開始の際の引っ越し代以外かかりません。介助者が必要な方はこちらから派遣いたします。

お気軽にご相談下さい。

支援活動

長野の黒姫に行き制度の話をしました

長野県の信濃町黒姫にいるALSの方のところにいきました 一人暮らしをするための、いろいろな制度の使い方を伝えました ヘルパー制度、生活保護、住宅改修、福祉用具の申請を、これからどうやって進めていくか伝えました ひぐらしが …

木曜だよ!お食事会♪

いつの間にか毎週の恒例行事化とした会合。 最初のうちは我が家で昼から宅飲み!?でしたが近所にファミレスを発見! そちらで毎週食事をしておしゃべりをしたりと楽しんでおります。 メンバーも1人増えワイワイ楽しい時間を過ごして …

花火をしました

夏なので、友人を誘って花火をしました 家の近くの公園で20時頃、ドンキーホーテで花火を買って、ビールを飲みながらやりました 手で持ってはいけない花火を友人が持って、友人に向けたので、大変でした

CIL研修会を行いました

自立生活センターを作ろうとしている新規の団体の人たちの研修会を行いました 障害のある人の一人暮らしのための法律や福祉制度の歴史や、申請の仕方などを勉強しました 長野県のCIL上田Gropingの参加者です 高知県のCIL …

第49回高知県リハビリテーション研究大会

先日、リハビリテーション研究大会に発表者としてお呼ばれ頂いたので出席してきました。 福祉資源のニーズが高まってきたこのごろ、地域で、活躍されてる団体の皆さんの活動報告会でした。 参加されてる中にはPT、OTさん、社協さん …

お気楽カフェ☆彡 6月「あじさいの陣」

前回僕の凡ミスで先月のお気楽をドタキャンしたので不安でしたが 今回は女性5名、男性2名、当事者のみのお気楽カフェ☆彡になりました。 うわー、ピアカンみたいーーとひっとりはしゃぎながらお気楽スタート^^ まずは自己紹介と障 …

ピア・カウンセリング ビギナーズ 「ピアカンに集まろーよ!!」

ピア・カウンセリング ビギナーズ 「ピアカンに集まろうよ」を開催しました。 ——————————&# …

バリアフリーフェスティバル217

6/16-18の3日間でバリフェスが開催されました。 とくに前年度と変わったことはないですが 祖母の為に雑音の入らない補聴器を探したりしました。 今回一番気になったのが{ナチュラルハートケアネットワーク}さんの「負担の少 …

福祉と医療のお仕事相談

最近の全国的な介助者不足に危機感を感じています。 とりあえず求人を増やしたりネット広告をだして求人が増えるようになりました。 しかし、今だまだまだな状況です。 そこで求人誌を見ていたらこんなページが、、、 「福祉と医療の …

日常生活用具などの申請の準備をしました

S市にアパートを借りたTさんが、住宅改修をしたり、日常生活に必要な機具を選ぶため、話をしました 生活福祉資金を社会福祉協議会から借りて、部屋とお風呂にリフトを付ける申請をするのですが、生活保護課のケースワーカーがその制度 …

最新制度

熊本地震対策でヘルパーを病院で利用可能になる通知が出る

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 熊本地震対策でヘルパーを病院で利用可能になる通知が出る 熊本地震対策で、病院に入院扱いで避難してい …

入院時コミュニケーション(意思疎通)支援の通知が改正

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 入院時コミュニケーション(意思疎通)支援の通知が改正 筋ジス・頚損など言語障害のない場合も正式に対 …

社保審の最終報告より制度改正の説明(法改正不要の項目の続報) 重度訪問介護での通学等

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 社保審の最終報告より制度改正の説明(法改正不要の項目の続報) 重度訪問介護での通学等 法改正が不要 …

社保審の最終報告より制度改正の説明(法改正不要の項目の続報) 小規模市町村はヘルパー制度でかかった費用全額を補助対象に

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 社保審の最終報告より制度改正の説明(法改正不要の項目の続報) 小規模市町村はヘルパー制度でかかった …

社保審の最終報告より制度改正の説明(法改正不要の項目の続報) 重度訪問介護のOJT

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 社保審の最終報告より制度改正の説明(法改正不要の項目の続報) 重度訪問介護のOJT 法改正が不要の …

総合支援法の改正法が成立(2018年後施行) 重度訪問介護の入院時の病室での利用や、65歳になる障害者の介護保険自己負担分の無料化など2018年に開始

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 総合支援法の改正法が成立(2018年後施行) 重度訪問介護の入院時の病室での利用や、65歳になる障 …

入院中の外出や外泊時に、重度訪問介護や同行援護が利用可能という国の通知が出る。 筋ジス病院等の療養介護利用者も、重度訪問介護で外出できます。

全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。 当会HPより2016年1~7月の情報を転載致します。 入院中の外出や外泊時に、重度訪問介護や同行援護が利用可能という国の通知が出る。 筋ジス病院等の療養 …

PAGETOP
Copyright © 障害者一人暮らし支援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.