障害者の一人暮らしをサポートします
ブログ

総合支援法

ヘルパー制度の国庫負担基準が大きく改善 町村などに朗報

介護保険対象者の国庫負担基準が改善。重度訪問介護15%加算対象者は大幅アップ ALSなど介護保険対象の障害者は、国庫負担基準が低かったのですが、今回、障害者団体の要望で大幅に金額が上がりました。居宅介護と重度訪問の国庫負 …

重度訪問介護(区分6)の入院中の病室内での利用が開始

重度訪問介護(区分6)の入院中の病室内での利用が開始 申請不要で全国で使えます 原則90日まで。必要性があれば延長も可能に  在宅の重度訪問介護利用者(区分6)が入院する時に、病室やICUでいつものヘルパーを重度訪問介護 …

65歳になる障害者の介護保険自己負担分の無料化

65歳になる障害者の介護保険自己負担分の無料化 障害の制度のヘルパー等や通所等の利用者が、65歳になって介護保険ヘルパーやデイサービスを使い始める場合、介護保険法の自己負担分のお金が、申請によって帰ってくる制度が始まりま …

6月1日よりC市で「重度訪問介護利用者の大学等の修学支援」第一号

6月1日よりC市で「重度訪問介護利用者の大学等の修学支援」第一号 CILふちゅう 岡本 直樹 当会では、平成30年4月より開始される「重度訪問介護利用者の大学等の修学支援事業」(以下「修学支援事業」。)に先立ち、2月頃よ …

新人ヘルパーと熟練ヘルパーの同行支援120hが開始 重度訪問介護

新人ヘルパーと熟練ヘルパーの同行支援120hが開始 重度訪問介護 重度訪問介護で雇用されて半年以内の新人ヘルパーが障害者の介護に入る際に、最高120時間まで、熟練ヘルパーと2名体制で介護を受けられる制度が開始されました。 …

重度訪問介護対象者むけに大学内や通学の介護の制度が開始

重度訪問介護対象者むけに大学内や通学の介護の制度が開始(希望者は市町村と実施の相談を) 4月からの厚労省予算案が公開されました。 モデル事業が行われていた重度訪問介護での大学通学と大学内の介護ですが、重度訪問介護本体で実 …

重度訪問介護等の1日を超える外出が全国で完全自由化。泊りがけの外出を全都道府県の全市町村が禁止できなくなりました。

重度訪問介護等の1日を超える外出が全国で完全自由化。泊りがけの外出を全都道府県の全市町村が禁止できなくなりました。 2018年4月1日から 障害者団体での合同の交渉により、重度訪問介護等の外出の報酬告示の記述部分が変更さ …

徳島県24時間介護制度交渉と自立生活の経緯

重度訪問介護長時間支給の空白県だった徳島県での筋ジス呼吸器利用者内田さんの24時間介護制度交渉と自立生活 1990年台後半から全国各地で24時間介護保障の動きが広がる中、徳島県では、20年近く24時間公的介護利用者がいま …

石川県24時間介護保障についてのシンポジウム新聞記事

朝日新聞 2018年3月18日03時00分 石川)共に暮らし、語りたい 筋ジス患者・古込さん講演  定塚遼 横になった状態で用意した紙を読み上げる古込和宏さん=金沢市尾山町 重度障害者の病院や施設外での暮らしを考えるシン …

重度訪問介護の資格で介護保険も使えるようにするという案

(厚労省介護保険の審議会) 法改正で障害者の65歳問題(介護保険に切り替わり、困ることが無いように介護保険を制度改正)に対応することが決まっていますが、その詳細が順次、固まってきています。 障害独自のヘルパー資格である重 …

1 2 3 4 »

総合支援法へのコメント

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 障害者一人暮らし支援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.