全国介護保障協議会では、制度の解説・情報等をHPに掲載しています。
当会HPより2015年7~12月の情報を転載致します。

富山県でも24時間介護保障に(県内初)
24時間介護が1市町村もない県はあと3県に

富山県A市でALS患者のBさんに、重度訪問介護・居宅介護・介護保険を合わせて、毎日24時間の支給決定が出ました。県内の弁護士がBさんの状況を何度も聞き取り(誰もが重度訪問介護等で24時間の介護が必要とわかるような)書類数十枚を作り、重度訪問介護の変更申請に添付する作業を代行しました。
富山県でも24時間保障の市ができたことにより、47都道府県中、24時間介護保障事例のある市町村が1箇所もない県は、石川県などあと3県のみとなりました。(※2015年時)
富山県A氏で24時間の介護制度の支給決定を受けたBさんは、A市周辺でヘルパー事業所を探しましたが、過疎地のため、ALSの重度訪問介護に対応できるヘルパー事業所が1箇所もありませんでした。そこで、介護保障協議会(と広域協会)・ALSさくら会の協働による長崎県壱岐(離島)でのALS支援モデル事業と同様の支援を受け、職安やネットの求人メディアや求人誌で常勤と非常勤のヘルパーの求人を行いました。数か月で、自薦ヘルパーを使った24時間の介護チームを作りつつあります。

投稿者プロフィール

全国障害者介護保障協議会
全国障害者介護保障協議会

全国障害者介護制度情報は全身性障害者などの自立生活に役立つ介護制度(各自治体での制度の作り方・受け方)の情報を提供しています。