県内の障害者支援施設からH市へ自立のため引っ越しの支援をしました

午前中に引っ越し業者に荷物を梱包してもらい、アパートへ運んでもらいました

施設から車で住民票のある市役所へ転出届けを出しに行き、転出証明をもらいました 非課税証明ももらいました

そこから転入先の市役所へ行き、転入届けを出しました これで市民になるので、色々な申請ができます

まず、障害福祉課へ行き、ヘルパーサービス、日常生活用具、住宅改修、タクシー券、特別障害者手当ての申請書を出しました

日常生活用具の見積もりは事前に業者に作ってもらっていたので、持っていきました ポータブルトイレはすぐに必要なものなので、事前に市役所と相談して、申請して決定されるまで最短でどれくらいかかるか聞いたところ、課の中で決済を回すのに二日はかかると言われました 二日で決定して、すぐに業者に頼むことにしました

タクシーは1ヶ月で3000円使え、領収書を決まった月に市役所に提出するそうです 施設から出たので特別障害者手当てが申請できるため、申請書と医者に書いてもらう診断書をもらいました

そのあと生活福祉課へ行き、生活保護の申請をしました なぜH市に引っ越してきたのか聞かれたので、病院が近いから、友人が多いからと説明しました

市役所での申請は夕方までかかり、そのあとやっとアパートに行きました

生活スタートです

投稿者プロフィール

CIL所沢(埼玉県)
CIL所沢(埼玉県)自立生活センター所沢
「障害があってもなくても楽しい」
自立生活センター所沢は2010年4月に始まり、どんなに重度な障害があっても地域で暮らせるよう、社会のなかで感じる「生きづらさ」を減らしたいと活動しています。