前回に続き、K市でアパート探しをしました

T市にある知り合いの不動産屋にもあたったのですが、4件物件を出してくれましたが、やはり生活保護を理由に断られてしまいました

現地にも足を運んで、不動産屋を回りましたが、見せてくれる物件が少ないなか、タウンハウジングにいったところ物件をしらみつぶしにあたって大家さんに聞いてくれました

一件大家さんがいいよと言ってくれる物件がありました その物件は他の不動産屋で断られた物件でした タウンハウジングの直接の管理物件だったようです

1LDKだったのですが内見したら、2DKと変わらない広さでした 大家さんが理解があり、改修していいと言ってくれました

アパート敷地に入るところに段差があり、そこはアパートの共用スペースなので、スローブをつけさせてもらえないかと思いましたが、そこも段差解消工事をしていいと言ってもらえました

玄関ドアに二段の段差があるのですが、スローブをつけるのは奥の住人が通れなくなるので困ると言われてしまいました

諦めかけたのですが、いつも改修を頼んでいる業者に聞いたところ、段差解消機で、邪魔にならないものがあるよと教えてくれました ただ階段になっているコンクリートを削らなければなるないので、大家さんに再び相談したところ、現状復帰するならいいよと言ってくれました

これでやっと借りることができそうです

投稿者プロフィール

CIL所沢(埼玉県)
CIL所沢(埼玉県)自立生活センター所沢
「障害があってもなくても楽しい」
自立生活センター所沢は2010年4月に始まり、どんなに重度な障害があっても地域で暮らせるよう、社会のなかで感じる「生きづらさ」を減らしたいと活動しています。