分身ロボットが接客するというカフェに行って来ました。

小伝馬町駅から徒歩5分くらいのところです。

お店に入るとすぐロボットから声をかけられました。

目が光っているときは話ができるそうです。

それぞれのテーブルにも小型のロボットがいます。

席に着くと声をかけてくれ、メニューや注文の説明があります。注文はQRコードを読んでスマホから注文です。

30分間話し相手になってくれます。

私の席はキンジスの男性でした。

大きいロボットは店内に2、3人いました。水を運ぶ専門だそうです。まだ他のものは持てないそうです。

料理はスタッフが調理していました。

サンドイッチ2400円でした。

ローテーションで中の障害あるスタッフが交代しているようです。受付の方は福岡県の方でした。

操縦スタッフをパイロットと呼ぶそうで、今は募集はしていないそうです。

3回行くと研究生になれて、イベントに参加できるそうです。イベントではお酒の提供があるそうです。

感想は、食事を食べながらだと見られていて緊張するので、お酒の話し相手になってほしいなあと感じました。

オリヒメというロボットなのですが、まだまだできる操作が限られているので、もっと技術が上がったらほんとにロボットだけで接客ができる日が来るかもしれないと思いました。

投稿者プロフィール

CIL所沢(埼玉県)
CIL所沢(埼玉県)自立生活センター所沢
「障害があっても当たり前の人生を」
自立生活センター所沢は2010年4月に始まり、どんなに重度な障害があっても地域で暮らせるよう、社会のなかで感じる「生きづらさ」を減らしたいと活動しています。