都内で最近走り出したUDタクシーに乗ってみました。車椅子では福祉タクシーを予約して乗るのが今までの方法でしたが、UDタクシーは町中を走っているので、普通のタクシーと同じようにつかまえて乗ることができるはず、と思い試してみました。

タクシー乗り場で待っていると、10台に1台くらいの割合でUDタクシーが来ました。

ジャパンタクシーという車です。

後部座席をはねあげてくれています。慣れていないそうで、とても時間がかかりました。

スロープを二枚出してつなげます。

正式なやり方だと30分かかってしまうとのことで、横向きに乗りました。横向きの方法でも乗降に15分ほどかかりました。

時間がかかるなあ~!と感じましたが、電車がなくなって帰れないときや、駅から遠くて行けない場所に福祉タクシー料金(30分5,000円くらい)より安く行けるのはとてもいいですね。今回は410円で5分ほどの距離を乗りました。運転手さんが慣れて簡単に乗れるようになるよう、どんどん使っていきたいと思います。

正式な乗り方は以下の動画の方法です。(DPI日本会議HPより)

始めは道に止まっているジャパンタクシーをつかまえましたが、研修を受けていないので乗せられないと断られました。二番目に乗せてくれた運転手さんに聞いたところ、同じ車種なら構造的に乗れるはずだと教えてくれました。時間がかかるので乗せるのが面倒だったようです。

 

※タクシー乗車拒否に対し国交省から通達がでているそうです。

主な内容は下記の通りです。
・車いす利用者の乗車拒否は道路運送法に違反する、関係法令の遵守を徹底すること。
・UDタクシーの運転、予約、配車その他の業務に携わる者に研修を受講させること。教育担当者を育成し、定期的に研修を実施すること。研修内容には障害者差別解消法および基本方針への理解を含めること。
・UDタクシーを指定した予約・配車が可能となるようにサービスを充実させること。

この通達は、全国ハイヤータクシー連合会、全国個人タクシー協会、全国10ヶ所の地方運輸局に出されており、事業者への周知徹底を求めております。

とのことです。

 

投稿者プロフィール

CIL所沢(埼玉県)
CIL所沢(埼玉県)自立生活センター所沢
「障害があってもなくても楽しい」
自立生活センター所沢は2010年4月に始まり、どんなに重度な障害があっても地域で暮らせるよう、社会のなかで感じる「生きづらさ」を減らしたいと活動しています。