先月自立にむけてアパート探しをした際に、貸してくれることになった大家さんが、障害者のことを勉強したいとのことで、CILに見学に来られました

積水ハウスの方で、バリアフリーの住宅やグループホームの建設をするにあたり、障害者のことを知りたいということでした

4人のスタッフで来られて、私たちも6人でお話をしました アパートを借りてどのような部分を改修したのか、借りるときに困ったことなどを話しました

大家さんの立場からすると、やはり行き倒れや、部屋に傷がつかないか、家賃の滞納がネックになるそうでした 不動産屋に任せてもいるので、直接窓口で対応する不動産屋がどう感じているかも、大家さんにとっては大きいそうです

意見交換したあと、実際住んでいる障害者のアパートを見学してもらいました

いろいろ教えてもらうことができ、私たちも勉強になりました

投稿者プロフィール

CIL所沢(埼玉県)
CIL所沢(埼玉県)自立生活センター所沢
「障害があってもなくても楽しい」
自立生活センター所沢は2010年4月に始まり、どんなに重度な障害があっても地域で暮らせるよう、社会のなかで感じる「生きづらさ」を減らしたいと活動しています。